2013年11月18日月曜日

FM FESTIVAL 2013未来授業 池上彰を見て、気になった言葉

FM FESTIVAL 2013未来授業 ~明日の日本人たちへ~ 「ニッポンの転換点・未来を創る」


池上さんのお話、
的確な言葉で本質をあぶりだしていく。

学生は、よく言葉足らずだったり、大げさだったり、自分の考えや感情をうまく言葉で表現できないけれど、(僕なんか今でもそうだけど)
池上さんは、相手の意図を汲み、その場の理解ひとつひとつ層のように積み重ねていく、丁寧な話し方で進めていく。
マイケルサンデル教授みたいだった(笑)


◆「話を分析し、一般化できるかどうか と考えること」
これが大学生のときに学ぶべきことの大きなテーマ

分析してみる、理論化してみる
生徒→学生
学生は自ら学ぶ

普遍的な説明ができるかどうか

◆やりたいことを何でもやることが大学の時間
*これは大学生として過ごす時間だけではなく、人生に当てはまる


◆わかりやすい説明とは、因数分解。
いろんな物事の中から、最初に共通点を抜き出して、そこから説明をはじめる。
数学の勉強が思いもよらないところで役に立っている。

◆批判的にみる


ほとんどの話がメモになった内容から、一部を抜粋したのが上記。

なんとなく大学4年間を過ごしてしまうという人がすごく多いように、卒業8年経って感じる。(もちろん楽しい思い出はたくさんあるんだけど)
「自分で課題を見つけて、自分で解決していく力」
このための考える練習をしているのが大学生の時間だと思う。
それが自分の価値になり、その価値を提供する換わりに経済的価値としてお金をいただけるようになる。
だから大学生の時間はとても大事。

池上さんが言っていた「学生の時間のすごし方」から、自分の学生時代を思い出すと、
50点くらいだったような気がする。
僕がいたゼミの遠藤先生も「批判することは大切なこと」とおっしゃっていて、それをはっきり覚え今でも時々ふと頭によぎることにまで染み付いている。そうゆう点で大きくて50点(笑)


本編はこちらから見られます。

2013年11月17日日曜日

FM FESTIVAL 2013未来授業 安藤忠雄を見て、気になった言葉


FM FESTIVAL 2013未来授業 ~明日の日本人たちへ~ 「ニッポンの転換点・未来を創る」


生きる力というのはひとつテーマだった安藤忠雄が学生に向けて話した未来授業

内容は日経新聞の履歴書に掲載されていたものと重複するものもありました。
まとめた本も出ています。
それでも新鮮に聞くことができました。
その中で、僕にビビッときた言葉をまとめておきます。

◆維持でも自分の言ったことをやる
これは生きる力です

◆自分の意見をしっかり言えるようにならないといけない

◆外国に降り立つと緊張感が出るでしょ。

この緊張感が生きる力になる。
まず、思い切って(外国へ)出てみないと!


ネットでみて、わかったという人が多い。
でも自分であるいてみてしんどかったのと、別でしょ。

体験しないと困る。


◆人生が長いというときに、まず下地を作っておかないといけない。
そうしたら60過ぎたら役にたってくる。

一流企業入ると、
「売り上げと利益、売り上げと利益」といわれるから。
会社に入って5年くらいすると意識朦朧としてくる。

そうならないように、自分の価値観をもたないといけない。
自分なりの方法を考えないといけない。
その下地は好奇心になる。

◆なんとしても日本語をきっちり勉強して欲しい

◆いろいろな種類の人間を集めた街を作らない
いろいろな種類の人間と、いろいろな年齢を超えたひとたちと、
能力を違う人たちがいっぱい集まって社会をやっていくということを、
もう一回勉強せなあかんと思う。

何よりも命をもった人へ愛情をもった人たちを育てなくてはならん。

◆一筋の道を追いかけながら、まわりも見ながら考えながら、
自分が社会にできること
家族にできること
考えながら生きていったら、人生結構面白い。



本編はこちらから見られます。

2013年11月16日土曜日